Search

(Japanese) 家主が私の許可なしで家に入ることができるか

移民者や留学生の方々がほとんど米国に家を借りて住んでいる方々が多いのですが、たまに家主(landlord)が無断でドアを開けて入ってきて、プライバシーを侵害する場合が頻繁に発生しています。

私がレンタルをした家は、もちろん家主の所有であるが、一度テナントにレンタルをしてくれた後は、家主が勝手にいつでも入れるのではありません。

詳細については、より複雑ですが、アメリカのいくつかの州では、家主が次の場合を除いては、テナントの同意を受け取ったあと、またはテナントに事前通知をした後だけは入れるようになっています:

1. 緊急事態(emergency)の場合、

2. 家の修理をしなければならない場合、

3. 現在のテナントとのレンタルがすぐに終わる時、新しい潜在的なテナントに家を示すために、

4. 家が地域の政府の安全要件を満たしているかどうかを確認をするために。

上記の場合の以外には、家主がテナントの同意またはテナントにの事前の通知なしでドアを開けて入って来るのは、「住居侵入」「trespass」とみなさなって家主dを十分に告訴をすることもできるようになるのです。

したがって、家主に、上記の規定に言及しながら、家主がする行為が違法であることを説明をした後、今後も無断で入ってき続けると、「trespass」や「プライバシーの侵害(invasion of privacy)」で告訴をすることができると強く打診をすることができるのです。

69 views

Recent Posts

See All

(Korean) 2021년 3월 Visa Bulletin

2021년 3월에 도래하는 우선 순위 날짜에 대한 Visa Bulletin에 대한 설명을 첨부파일에서 참고하실 수 있습니다.

(Korean) 누군가가 나의 사업이나 업무를 방해를 할 시의 법적인 권리

누군가가 나의 고객들이나 동업자들과의 관계를 방해를 함으로써 나의 사업 또는 업무를 방해를 하면서 피해를 주는 일은 빈번히 발생을 하는 일입니다. 이러한 경우 미국에서는 그러한 방해자를 “tortious interference”라는 명목으로 민사소송을 제기를 해서 손해배상을 받을 수가 있으며, 방해 행위로 인하여 발생한 경제적인 손실, 이익 손실 및 정신적

NEW LAND CONSULTING

ATTORNEYS & COUNSELORS

Guam     New York     Los Angeles     Texas     Sydney

New Land Consulting | Copyright © 2020. All Rights Reserved.

Email : obiter@yahoo.com / Kakao Talk ID: Tumon88

Kolico Associates Co., Ltd. Business Registration Number : 105-81-67514

s_logo.jpg

ATTORNEYS & COUNSELORS

us.png
ja.png
ko.png